美容オイルについて

 

アボカドオイル

 

 

アボカドの果肉を脱水して粉末にしたものから抽出する。ビタミンABCEやミネラルを多く含み、粘性がある。美容効果が高く、皮膚への治癒効果がある。老化肌や乾燥肌に向く。

オリーブオイル

ビタミンEを多く含み酸化しにくく古くから美容や医療の分野で広く用いられている。粘性が強く保湿効果が高く肌への浸透が早い。炎症やかゆみを抑える。

グレープシードオイル

ぶどうの種子を乾燥させ細かく挽き熱を加え圧縮して抽出したオイル。ビタミンEを多く含み肌への浸透が早く角質を除去する作用がある。

マカデミアナッツオイル

 

人の皮脂、特に若者の皮脂に多いパルミトレイン酸を多く含み、皮膚への浸透性が高く使いやすいためスキンケアに多く利用される。

老化肌、乾燥肌に向け。

サンフラワーオイル

ひまわりの種子から低温圧搾で抽出される、ビタミンEを多く含むオイルですべての肌質に向く。サンフラワーオイルを配合すると真っ白な石鹸ができる

ホホバオイル

ホホバの種子から抽出する液体ワックス。保湿力、浸透性が高くべたつかずすべての肌質に合い、特に乾燥肌や脂性肌におすすめ。石鹸では型入れ最後のスーパーファット(ホホバの成分を全て残す)使い方をする。

米油

玄米を精米するときにできる米ぬかおよび米胚芽に含まれる油で、べたつかずさっぱりとした使用感ですが、保湿力も高い成分(オリザノール)も含み、すべすべと気持ちよい洗い上がりの石けんとなる。

シアバター

西アフリカが主産地。現地では厳しい陽光や乾燥から肌を守り、日焼けで傷んだ肌や手入れやあかぎれ、やけど傷の手当だけでなく血行も良くする。石けんに配合する溶けにくく保湿力の高い石けんとなる。

ひましオイル

昔から世界中で医療用、化粧用に使われてきました。粘度が高く水分を引き付けるのが特徴です。保湿力が高くマイルドで持続力ある泡が立つため石けん材料には欠かせない。私の大好きなオイルです。コスメではグロスの材料になる。

ココナッツオイル

石けんの泡立ちを左右するオイル。UV(紫外線)対策効果があり、サンオイルとしても使える。育毛効果、白髪防止効果もある

パームオイル

石けんの硬さを左右するオイル。このオイルの配合が石けんの使いやすさや持ちをよくる。